記事の詳細情報

2021年03月17日
『終活』という言葉を聞いたことはありますか?

2012年の流行語大賞に選ばれた事をきっかけに世間一般に広く知られ、関心が高まるようになりました。

現在では、死後に向けた事前準備だけではなく、『人生の終焉を考えることを通じて、自分を見つめ今をよりよく自分らしく生きる活動』というポジティブな意味で広がってきています。

終活で得られるメリットは主に3つあります。

1つ目は、自分の意思が家族に伝わり老後の生活が前向きになる事です。

2つ目は、残された老後生活が充実する事です。

死を人生のゴールとするなら、ある程度自身で把握できたほうが残りの時間を有効に活用できるでしょう。

3つ目は、遺産相続のトラブルを回避できる事です。

自分が生きているうちに遺言書を残すことはもちろん、相続する相手とも話し合いを

進めておきましょう。

主な活動として…

・エンディングノートを書いておく(法的な効力はなく、家族が参考にするものです。)

・身の回りの物の整理

・財産の整理や相続の準備

・葬儀や墓などの準備

があります。

JAやすらぎセンターでは終活カウンセラー、葬祭ディレクターの資格所持者が多数在籍しております。

終活や葬儀の不安や疑問にお応えします。どんな事でもお気軽にお電話下さい。